一般社団法人 山梨県建築士会 Rotating Header Image

CPD制度について

この制度に参加希望の方は、下記様式1によりお申し込みください。会員以外の方も参加できます。

主な料金

費用 内容 会員 非会員
①初期登録費 サーバーに個人履歴を蓄積可能とするための設定費です。
参加初年度に限りかかる費用です。
0円 1,000円
初回のみ
②データ登録・管理費 研修プログラムの出席データの登録およびそれらの履歴を適正に管理するための費用です。
毎年必要となります。
500円/1年分 2,500円/1年分
③CPDカード発行費 研修プログラムにおける出席データ登録のために必要なCPDカードの1枚あたりの作成費用です。
原則1人1枚の発行です。
1,000円/1枚 1,500円/1枚
④CPD実績証明書発行費 個人履歴に基づき、証明書の交付を受けるための1通あたりの費用です。 500円/1通 1,500円/1通
⑤事後申請データ登録費 CPDプログラムの認定は、事前認定が原則ですが、特例として建築士会が認める場合に、個人の申告によりCPD単位を申請し、単位認定を受けるための費用です。
1申請1プログラム当たりの費用となります。
500円/1申請
1プログラム
1,500円/1申請1プログラム
⑥建築CPD情報提供制度利用費 建築CPD情報提供制度(事務局:(公財)建築技術教育普及センター)の活用を希望する場合にかかる費用です。
毎年必要となります。
500円/年 500円/年

各種手続き書類


 

     CPD単位の活用

!!「総合評価落札方式」での加点!!

山梨県の「総合評価落札方式」が平成29年4月1日から改訂されました。
今回は、特に技術評価点(標準点+加算点)の競争力を高めるために「加算点の満点」が引き上げられて
おり、評価点1点による重みが大きくなっています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

 

 

〔申し込み・お問い合わせ先〕

一般社団法人山梨県建築士会 事務局

 

 


Comments are closed.