一般社団法人 山梨県建築士会 Rotating Header Image

「平成30年度 監理技術者講習」のご案内

 

日本建築士会連合会では、建築工事に特化した「監理技術者講習」を行っており、山梨県内では、平成30年度の講習を下記日程にて開催いたします。
「建築工事に特化した講義内容」になっており、一級建築士、1級建築施工管理技士、1級電気工事施工管理技士、1級管工事施工管理技士等の「建築工事の分野で活躍されている監理技術者」にとりましては充実した講習となります。
監理技術者の皆様は、是非、本会開催の講習をご受講くださいますよう、ご案内申し上げます。

 

監理技術者講習とは...

建設業法第26条第2項の規定により、元請負の特定建設業者が当該工事を施工するために締結した下請契約の請負代金総額が4,000万円以上(建築一式工事の場合は6,000万円以上)の工事には、監理技術者を専任で配置することが義務付けられています。そして、監理技術者として建設工事に携わる方は、「監理技術者講習」を受講しなければなりません。

 

◆特色◆

1・建築工事に特化した講義内容

建築施工系技術者育成に主眼をおいた構成です。
建築施工系に従事する監理技術者に向け、より建築施工実務に役立つ内容となっております。
土木系の監理技術者が受講された場合でも講習修了履歴ラベルを交付いたしますのでご安心ください。

2・建築士会のテキスト

現役のスーパーゼネコン在籍者等によって執筆されています。
具体的トラブル事例の解説、品質に関連する最新の情報を含んだ解説、最新技術の内容についての解説等で構成されています。

3・工事入札等や入札資格審査等に役立つ建築士会CPD単位取得可能

受講者かつ建築士会CPD制度参加者は、講習受講6単位の他に、専用WEBページでの設問に正答することでCPD単位が12単位(年間回答)取得可能です。(年間推奨単位(12単位)以上)

 

 

◆開催案内◆

【 開催日 】
平成30年5月10日(木)、7月27日(金)、9月12日(水)、11月14日(水)
平成31年1月16日(水)、3月15日(金)

【 時 間 】受付:8時45分 ~  講習:9時20分 ~ 17時00分

【 会 場 】山梨県自治会館 2階研修室( 山梨県甲府市蓬沢1丁目15-35 )

【 受講手数料 】( テキスト代、講習修了履歴ラベル代、消費税込 )
WEB申込みの場合:1名9,500円  郵送・窓口申込みの場合:1名10,000円

 

詳細は、こちら( 山梨県版チラシ )をご覧ください。

全国の開催情報やWEB申込み、申込書のダウンロード等、さらに詳しい情報は、(公社)日本建築士会連合会ホームページをご覧ください。

 

保有水平耐力計算及び許容応力度等計算の方法を定める件の改正について

建築に携わる方におかれましては、保有水平耐力計算及び許容応力度等計算の方法を定める件の改正について、以下の資料にてご確認くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

事務連絡(日本建築士会連合会)
【通知】保有水平耐力計算及び許容応力度等計算の方法を定める件の改正について(都道府県)
国住生第545号_技術的助言
参考_保有水平耐力計算及び許容応力度等計算の方法を定める件の一部を改正する件(平成30年国土交通省告示第80号)

 

 

セミナー「地震後も継続利用できる家づくりの基本」のご案内

山梨県地域木造住宅生産体制強化地域協議会(構成団体に当会含)では、セミナー「地震後も継続利用できる家づくりの基本~2016年熊本地震などの甚大被害を踏まえて~」を開催いたします。
2016年4月、熊本地震では現行基準である2000年以降に建てられた木造住宅も倒壊してしまいました。合法ではあっても、施工、設計が不十分なものが倒壊しており、結局、法令を単に守ればいいということではありません。法令で推奨とされている技術的背景を十分に理解したうえでの設計が必要となります。
本セミナーでは、2017年1月に行ったセミナー「熊本地震の警鐘ーこれからの木造住宅の設計」をベースにさらに深く掘り下げ、長時間にわたりお伝えいたします。
建築に携わる方等、ぜひご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。

 

日時:平成30年1月19日(金) 午後1時30分~5時30分
会場:山梨県立文学館 研修室

 

詳細は、こちらをご覧ください。

年末年始休業のお知らせ

当会事務局では、下記日程を年末年始休業とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

平成29年12月29日(金) ~ 平成30年1月5日(金)(1月9日(火)より通常業務)

 

 

「建築士定期講習」のインターネット申込の受付開始について

建築士法の規定により、建築士事務所に所属する一級建築士、二級建築士又は木造建築士は、3年毎に国土交通大臣の登録を受けた登録講習機関が行う、一級建築士定期講習、二級建築士定期講習又は木造建築士定期講習(以下「建築士定期講習」)を受講することが義務付けられています。

この定期講習の申込みがインターネットからも行えるようになりました。
ご活用ください。

お申込みは、こちら((公財)建築技術教育普及センターHP)から行ってください。

 

 

中規模木造見学会のご案内

(公社)日本建築家協会 山梨地域会の主催で、「中規模木造見学会」が開催されます。
本見学会は、セミナーと見学会となっており、見学する建物は「船津保育所」となります。
多数の皆様がご参加されますよう、ご案内申し上げます。

 

日時:平成29年12月16日(土) 午後2時 ~ 3時30分
会場:船津保育所
持ち物:スリッパ等の上履き、座布団(セミナー時)

 

詳細は、こちらをご覧ください。

 

 

鉄構溶接協会「BIMセミナー」のご案内

(一社)山梨県鉄構溶接協会の主催で、「BIMセミナー」が開催されます。
BIMとは、ビルディング・インフォメーション・モデリング(Building Information Modeling)の略称で、設計者が構想するイメージをコンピューター上に立体モデル(BIMモデル)として再現し、早期から多岐にわたる関係部署者間でBIM3次元モデルを使って連携共有し、「よりよい建物」にするための検証手法です。
本セミナーでは、BIMの専門家により建設業界やゼネコンのBIM動向や事例・将来展望などの講演をしていただきます。
建築設計等に携わる皆様におかれましては、ぜひご参加されますよう、ご案内申し上げます。

 

日時:平成30年1月30日(火) 午後4時 ~ 5時15分
会場:アピオ甲府 本館2階「栄の間」
講師:株式会社竹中工務店 BIM推進室 主任 染谷 俊介 様
内容:
建設業界・ゼネコン・竹中工務店 各々のBIM動向
鉄骨FABと竹中工務店のBIM連携事例
鉄骨BIMの将来展望・期待 他

 

お申込みご希望の方は、平成29年12月30日までに参加申込書を山梨県鉄構溶接協会 事務局(FAX:055-243-2781)までお送りください。

 

 

 

 

セミナー「どんなふうに暮らそう 未来の家とわたし」のご案内

(公社)インテリア産業協会の主催(企画運営:山梨県インテリアコーディネーター協会)で、一般公開スキルアップセミナー「どんなふうに暮らそう 未来の家とわたし」が開催されます。
本セミナーでは、生活スタイルが多様化していく中、自分らしい暮らしのスタイルは何なのか?心も体も豊かに暮らしていく「山梨の近未来の家と暮らし」について考えていきます。
多数の皆様がご参加されますよう、ご案内申し上げます。

 

日時:平成29年12月2日(土) 午後2時 ~ 4時30分
会場:山梨県立図書館 2階 多目的ホール

 

詳細は、こちらをご覧ください。

お申込みは、山梨県インテリアコーディネーター協会ホームページ・メール(info@yamanashi-ic.org)でも可能です。

 

 

CLT工法等技術研修会のご案内

(一社)山梨県建築設計協会の主催で、「CLT工法等技術研修会」が開催されます。
内容は、建設中である、県内初の大規模なCLT工法建築物「富士北麓公園屋内練習走路」の構造見学等となっております。
多数の皆様がご参加されますよう、ご案内申し上げます。

 

日時:平成29年11月27日(月) 午後1時30分 ~ 4時
会場:富士山科学研究所(座学)/富士北麓公園敷地内(見学)

 

詳細は、こちらをご覧ください。

 

 

平成29年度山梨県建築文化賞受賞作品

本年7月から8月に作品募集をいたしました、山梨県建築文化賞において、書類審査、現地審査の結果、7点(建築文化賞2点、建築文化奨励賞5点)の作品が選ばれました。

多数のご応募ありがとうございました。

 

受賞作品については、平成29年度 受賞作品集平成29年度 表彰建築物一覧表をご覧ください。