日本建築士会連合会では、国土交通省から同講習の登録講習機関として登録を受け、山梨県内でも平成28年度より「監理技術者講習」を実施しております。平成29年度も下記日程にて開催いたします。
「建築工事に特化した講義内容」になっており、一級建築士、1級建築施工管理技士、1級電気工事施工管理技士、1級管工事施工管理技士等の「建築工事の分野で活躍されている監理技術者」にとりましては充実した講習となります。
監理技術者の皆様は、是非、本会開催の講習をご受講くださいますよう、ご案内申し上げます。

 

監理技術者講習とは...

建設業法第26条第2項の規定により、元請負の特定建設業者が当該工事を施工するために締結した下請契約の請負代金総額が4,000万円以上(建築一式工事の場合は6,000万円以上)の工事には、監理技術者を専任で配置することが義務付けられています。そして、監理技術者として建設工事に携わる方は、「監理技術者講習」を受講しなければなりません。

 

◆特色◆

1・建築工事に特化した講義内容と充実したテキスト(CD付き)

他の登録講習機関の同講習は建築、土木ほか一体の講義内容ですが、本会では「建築工事に特化した講義内容」と現役ゼネコン第一人者、学識経験者の執筆による実務に役立つテキストを使用します。
したがって特に「建築工事の分野で活躍されている監理技術者」にとりましては充実した講習となります。
土木系の監理技術者が受講された場合でも講習修了履歴ラベルを交付いたしますのでご安心ください。

2・公共工事入札等での加点*となる建築士会CPD単位が取得できます!

本会の講習修了者はCPD単位6単位が取得できます。
平成28年11月現在、42道府県、36市、4町、内閣府、国土交通省の工事入札、入札参加資格審査等において建築士会のCPD実績証明書*が加点等に活用されています。

3・さらにWEBでもCPD単位が追加取得できます!

本会の講習修了者は上記のCPD6単位に加え、受講者専用マイページにログインし、WEB上でCPD問題に解答・正答することで、さらにCPD単位を年間で12単位取得できます。

 

◆開催案内◆

【 開催日 】
平成29年5月19日(金)、7月11日(火)、9月22日(金)、11月16日(木)
平成30年1月30日(火)、3月14日(水)

【 時 間 】受付:8時45分 ~ 講習:9時15分 ~ 17時00分

【 会 場 】山梨県自治会館 2階研修室( 山梨県甲府市蓬沢1丁目15-35 )

【 受講手数料 】( テキスト代、講習修了証代、消費税込 )
WEB申込みの場合:1名9,500円  郵送・窓口申込みの場合:1名10,000円

 

詳細は、こちら( 山梨県版チラシ )をご覧ください。

全国の開催情報やWEB申込み、申込書のダウンロード等、さらに詳しい情報は、(公社)日本建築士会連合会ホームページをご覧ください。

 

 


カテゴリー: 講習会情報