建築基準法第43条運用基準(敷地と道路の間に水路が存在する場合の取り扱い等)の改定及び耐震対策や定期報告制度の改定等についての説明会(県講師)を開催することになりました。

また、平成27年に発覚した横浜市の分譲マンションにおける基礎ぐい工事の問題は大きな社会問題となり、国土交通省では、建築物の安全性確保や国民の不安払拭を図る観点から「基礎ぐい工事の適正な施工を確保するために講ずべき措置」(告示)、基礎ぐいの適正な設計に関する通知、基礎ぐい工事における工事監理ガイドライン等の策定がされました。そのガイドラインの解説講習会(DVD講習)も併せて行います。

建築士の皆様は、是非受講いただきますようご案内申し上げます。

 

日時:平成28年9月23日(金) 10:00~16:30(受付9:15~)
会場:山梨県建設会館 3階研修室(甲府市丸の内1-13-7)

 

詳細は、「建築基準法第43条運用基準の改定説明会・基礎ぐい工事監理ガイドライン解説講習会」案内をご覧ください。

 


カテゴリー: 講習会情報