専攻建築士制度は、消費者保護の視点に立ち、高度化しかつ多様化する社会ニーズに応えるため、専門分化した建築士の専攻領域及び専門分野(得意分野)を表示することで、建築士の責任の明確化を図る目的の自主的な制度です。

専攻領域は8領域(まちづくり・統括設計・構造設計・設備設計・建築生産・棟梁・法令・教育研究)とし、3領域まで表示することができます。この表示をすることで、

○社会・市民・発注者にとってわかり易い判断基準が定まります。
○雇用者・建築士にとって技術レベルや評価の向上、受注のチャンスが拡大します。

また、より多くの建築士が参加することで、専攻建築士の評価はさらに高まります。

有効期限は5年間ですので、平成22年度に登録された方は今年度更新の対象となります。
昨年度より登録要件等改正されておりますので、この機会にぜひご登録ください。

今年度の受付は、下記の通り行います。(更新の方は、WEBによる更新手続きが行えます)

 

〔受付期間〕

新規・更新共:平成28年1月6日(水)~2月29日(月)
(WEB申請:平成28年1月4日(月)~2月29日(月))

〔申請料〕(消費税込)
新規:17,280円/1領域      (バッジ・登録証込)
更新:窓口申請・12,960円/1領域 (バッジ・登録証別途)
WEB申請・9,720円

 

申請書類は、こちらからダウンロードしてください。

その他の詳細は、事務局までお問合せください。

◇WEB申請→専攻建築士管理システム


カテゴリー: お知らせ